住宅ローンの借り換えを長期固定金利にする場合

どんな形で住宅ローンの借り換えを行うかは、個別のケースによります。何のために借り換えをするのか、どんな返済スタイルが一番楽かによって借り換えの形は異なります。

固定金利制の住宅ローンを組んだ方がいいだろうと思われる家庭は、このような環境の人です。まず第一に、世帯主が安定収入のある会社に勤めており、一家の収入に変動がない場合。この場合、支出も一定していることが条件に含みます。

貯蓄があまり増えそうにない人。(この場合は繰上げ返済などが難しいからです)今後転職や独立、あるいは結婚などで生活の変化がある人は、変動要素は少ない方がいいでしょう。このような人たちは金利変動のリスクが受けにくい固定金利の住宅ローンへの借り換えがおすすめです。

また、今後収入が減りそうな人は、最初のうちだけ住宅ローンの返済額を多くし、その後徐々に月々の負担額を減らすという方法があります。転職の希望がある人や、共稼ぎのうちにローンをできるだけ返済し、子育てが始まったらそちら注力したい人は考えてみてもいいでしょう。

近い将来に支出が増えそうな人、少しでも住宅ローンの返済合計額を減らしたいと考えているならば、借り換えによって返済額が少しでも減らせるようなプランを選びましょう。

住宅ローンの借り換えで効果の期待できるプランとしては、子育てやライフステージの変化などで収入が安定しない最初の10年程度は固定金利制、その後子ども達が独り立ちし夫婦の共働きができる頃に変動金利に変えるという金利のタイプをミックスするプランか、あるいは最後まで固定金利型にするプランが考えられます。

借り換えによって住宅ローンの金利条件を変えることは、将来の見通しを確実に立てるべきか否かが決断のポイントになってきます。
タグ:住宅ローン

住宅ローンを借り換えするコツ

住宅ローンを借り換えするなら、借り替える前より借り替えた後の方が得になっていなければ意味がありません。住宅ローンの借り換え先を探す場合、月々の支払いを安く抑えることができる住宅ローンを探す人がほとんどでしょう。 まず借り換えを行う条件として大切なポイントが2点あります。 それは第一に、住宅ローンを借り換える前と借り換えた後の金利差が1%以上であること。 そして第二に、1000万円以上住宅ローンが残っていることが住宅ローンを借り換えする場合の大切なポイントになります。 ただし、これ以外の場合でも住宅ローンの借り換えでメリットがある場合もあります。何に力点を置くかが重要になってきます。 たとえば、借り入れの際に自己資金を投入して、借入総額を一気に減らすことで全体の利息を減らすことができます。これでローン期間を短縮するか、毎月の返済額を少なくするなど選択の幅が広がるでしょう。 また、新しい住宅ローンの契約期間をグッと短縮して利息を減らすという工夫もできます。この方法は一時的に返済額が多くなってしまうのですが、将来的には得をすることができます。 このようなちょっとした工夫をすることによって、借り換えの前後で金利にほとんど差がない住宅ローンでも、返済総額を減らすことが可能となるのです。 これまでに変動金利型の住宅ローンを利用して人の場合、考え方によっては固定金利型の住宅ローンに借り換えることが大きな意味を持つ場合もあります。金利差が1%なかったとしても、今後の金利上昇によって利息が増えてしまうことがなくなるからです。 住宅ローンを固定金利で借り換えして、一時的に月々の支払額が多少上がったとしても、将来的な不安が少なくなり毎月の支払い金額を一定にすることができます。固定金利制の住宅ローンであれば、長い目で見た場合、住宅ローン完済までの金額や期間が確実にわかり見通しがはっきりするワケです。 住宅ローンの借り換えには様々な方法や考え方があります。メリットがあるのはわかっているけれど、手数料や利率の計算など色々とややこしい話があってなかなか踏み出せない人が多いのが住宅ローンの借り換えです。まずは金融機関の相談窓口に行ってみてはどうでしょうか?

住宅ローン借り換えの手続きと諸費用

住宅ローンの借り換えの手続きや諸費用は、何から手をつけていいか迷う人もいるでしょう。

住宅ローンの借り換え費用や手続きの内容については、様々な金融機関のホームページやパンフレットなどで情報収集をして下調べをします。
借り換えキャンペーンなどで低金利の住宅ローンを探し、金利面や返済条件など自分に合うものを幾つか候補を出してみましょう。

住宅ローンの借り換え先候補を決めたら金融機関数社に足を運びましょう。最初から一つに決める必要はありません。

金融機関に行く際には源泉徴収票、登記簿謄本、売買契約書、現在の住宅ローンの償還票を持参すれば、スムーズに住宅ローン借り換えの手続きと諸費用について話をすすめることができます。

複数の金融機関で聞いた話を比較して、最も自分に合う住宅ローンを見つけましょう。借り換え先の住宅ローンを決めたら、後はその金融機関に申し込みを行います。

住宅ローンの借り換え審査を受けるには、必要書類に署名し印鑑を押して金融機関に提出します。正式な借り換え手続きは審査が問題なく通ってからになります。

新しい抵当権の設定や以前の抵当権の抹消手続き、金銭消費賃貸契約書のサインなどの諸手続を行い、借り換えに発生した費用を払います。
借り換えでは新しく住宅ローンを借りることになるので、始めに借りた時と同様に経費がかかりますので注意しましょう。

諸費用の主なものは印紙税、保証料、事務手数料、登録免許税、司法書士報酬などです。金融機関によっては、借り換えキャンペーンなどで手続き保証料0円といったお得なサービスがあることもあります。

住宅ローンの借り換えとは

住宅ローンは、家を購入する時になくてはならないものだといえます。建て売り住宅でも新しく作る家でも、大きな買い物になることは間違いありません。

家を買うに当たり、現金払いで住宅ローンを使わずに済ませることができる人はごく一部だけといえるでしょう。今の住宅ローンを別な住宅ローンに変えることが住宅ローンの借り換えで、それによって返済の条件を変えることが可能です。

今後の金利が大きく上昇しそうだと思った場合、3年金利固定型の住宅ローンから35年金利固定型の住宅ローンに借り換えることで将来の金利上昇リスクを避けるという仕組みです。

原則的に、異なる住宅ローンであっても同一金融期間内での住宅ローンの借り換えはできません。他の金融機関で住宅ローンを借り直すのが一般的です。よくあるケースとしては、金利条件のいい住宅ローンに借り換えることで返済額を安くしたり月々の負担を減らすことです。

変動金利制の住宅ローンから固定金利制の住宅ローンの借り換えをする人は、今後の金利上昇によって返済の利息分の増加を警戒してのようです。ノーコストで借り換えができることはなく、借り換えに伴う手数料や手間は覚悟しなければなりません。借り換えは慎重に行いましょう。
まずは情報収集につとめ、銀行などで相談してみるべきです。

住宅ローンを新しいものに借り換えることによってどんな利点があるのか、逆にどのような欠点があるか、しっかり把握してから実行に移すべきです。

住宅ローンの固定金利と変動金利

住宅ローンの選択で迷うものに、固定金利と変動金利という2つの金利返済があります。固定金利とは、申し込んだ時に設定された金利が返済終了まで適用されるローンです。金利の低い時代に申し込むことができれば、高金利の時代になったときでも低金利のままの返済出来るのがメリットです。そして、毎回の返済額が一定なので安心して返済プランが立てられます。住宅金融公庫の返済は、基本的に固定金利が適用されます。

次に変動金利についてです。変動金利とは、その時の金利に合わせて、ローンの金利が上下に変動するローンです。その金利の変動は、半年ごとに見直されるのが基本です。支払い金額は、5年に1度の割合で、返済額の見直しが行なわれます。措置として、急激な金利変動があった場合には、返済額の上限設定があり、最大でも、今まで支払っていた金額の25%までの上昇と抑えられています。

固定金利と変動金利の選択ポイントは、将来の経済情勢と自分のライフプランを考えておくことが必要になってきます。住宅ローンの金利は、支払い期間を長くしてある固定金利は金利が高めで、支払い期間を短く設定している変動金利の方は金利が低くなっています。この場合は、変動金利の方が当初の返済額は少なくて済みます。しかし、その後の状況によって、返済額が上下に変動しますので、将来的な金利の動きを注意すること、支払いの金額に余裕を持たせるライフプランが注意点となってきます。

住宅ローンの金利設定は、金融機関ごとにさまざまです。銀行などのホームページでは、返済シュミレーションをすることができます。どの支払いプランもメリット、デメリットがあります。今後の金利動向の予測を行なった上で住宅ローンの検討をするのがおすすめです。

住宅金融公庫のフラット35とは

住宅金融公庫のフラット35とは、住宅金融公庫が行う証券化支援事業(公庫買取型)を活用した 民間金融機関の長期固定金利の住宅ローン商品です。最高8000万円まで、最大融資してくれます。期間も35年まで可能です。

これは、借入時の金利が完済までずっと続くため、返済金額もずっと変わりません。将来にわたり金利の情勢に左右されることがないので、返済計画が立てやすいのが魅力です。また、繰上返済時の手数料は不要です。さらに保証料も不要です。

さらに、住宅金融公庫では、フラット35の対象住宅に対して、住宅規模・企画、断熱性、耐久性、維持管理などに関する技術基準を定めています。住宅の質を維持しています。

住宅ローンといえば、やはり多額の借入れ。しかも、それを長年にわたり返済していくわけですから借入れは慎重に検討して下さい。「いいくら借りられる?」「何年で返済すればおトク?」「金利は何%?」等々、借入可能額や毎月のご返済額などをシミュレーションしましょう。取扱金融機関のサイトなどで簡単にシュミレーションできるように用意されていますので利用しましょう。

みずほ銀行の住宅ローンについて

住宅ローンを組む場合、どの金融機関で組むか、これは慎重に検討する必要があります。みずほ銀行の住宅ローンはそのうちの一つの選択肢です。住宅ローンの比較サイトなどで見ると、みずほ銀行の金利は安い方の部類には入りません。調べた限りではオリックスが低いようです。ただこれは金利面だけを取り出して比較しただけなので、それ以外の条件、例えば変動金利から固定金利へと変更はできるのか、とか、繰上げ返済は可能かとか、様々な条件を比較検討しましょう。金利だけで選ぶと。それ以外の条件が良く無かったりで、失敗する可能性もあります。

みずほ銀行の住宅ローンの金利を考える場合、返済期間、毎回の返済額、自分の生涯プランとの兼ね合いを考える必要があります。そこでみずほ銀行では固定金利方式である一定期間返済し、次に変動金利を選ぶなど、完済までの期間内に返済パターンを変えることができます。これなどはその時の金利情勢を考えながら安ければ固定金利を選び、プライムレートが安定して銀行の固定金利より安くなるようなら変動金利を選択するなどの柔軟性があります。しかし、金利のコースを選ぶのは金利の趨勢を見ながらですので、素人には難しいかもしれません。

住宅ローンは返済が長期にわたります。未来には予想もつかないことも起きます。そういった危険を防止するのが保険です。例えばみずほ銀行で用意している保険に「ローン返済支援保険」というものがあります。これは勤務先が倒産して失業した場合や、自分が病気や怪我になった場合にローンの返済をサポートしてくれるものです。この保険はオプションですが、ローンを組む場合に検討の余地があると思います。また、一般の保険と同じように疾病に対する特約がついているものもあります。

住宅を購入するのは普通は一生に一回のことです。しかも返済は長期にわたります。ローンを組むときには団体生命保険、火災保険は必ず加入を求められます。こうしたことを考えると、ローンを組む前に加入していた生命保険もこの際に見直しが必要になります。ある意味、一家の家計の再構成が必要になる時期だと思います。こうしたチャンスをとらえて無駄な出費と、必要な出費のシミュレーションが必要になってきます。こうした場合、たとえばファイナンシャルプランナーに相談するのもいいでしょう。

※ここに記載の情報は調査時点のものです。各金融機関によりサービス内容の終了や変更されている場合があります。ご利用前にご自身で良くご確認されるようお願いします。

住宅ローンアドバイザーとは?

住宅ローンアドバイザーとは、住宅購入予定者・借り換えなど購入後の方々向けに、さまざまな住宅ローンについて適切な情報を提供するアドバイザーです。認定制度の資格で、国土交通省が取りまとめしたものをもとに任意団体である住宅金融普及協会または金融検定協会が認定を行なっています。

住宅ローンアドバイザーのアドバイスの事例としては、住宅ローンの基礎情報、金利の種類と返済方法、「借りられる」から「返せる」住宅ローンの設計方法、住宅に関する税金や住宅ローン計算、繰上げ返済・借り換え返済についての相談などです。

建築業者任せに住宅ローンを借り入れしていることが多々あります。そのためローンの見直しのときに今借り入れしている住宅ローンが把握できず困ってしまいます。住宅ローンの見直しには住宅購入者が住宅ローンの基礎知識を学んでいく必要があります。繰り上げ返済、借り換え、固定金利と変動金利の違いなどさまざまな要素がります。住宅ローンアドバイザーが、住宅購入者に適切にアドバイスしていくことになります。

住宅購入を予定されている方が住宅ローンアドバイザーの養成講座に申し込むこともあります。住宅ローンを理解するために良いでしょう。住宅ローンの基礎情報を一から学ぶことができます。講座は二通りあります。もう一つは応用コースです。こちらは実務者向けになります。実際に借り入れする方へのアドバイス者向けの専門家コースとなります。

住宅ローンの借り換え

ゼロ金利政策が解除され、今後、急激な金利上昇はないとは言うものの、徐々に上がっていくことは容易に想像できます。金利は上がり始めると意外に早いスピードで上がり始めるという特徴を持っています。それではそうした金利上昇のリスクに私たちはどのように対処していけばいいのでしょうか。

そんな時にこそ、住宅ローンを改めて組みなおす「借り換え」は有効な手段です。金利はどのように決まるかといえば、長期固定型や固定期間選択型は長期金利に左右されやすく、変動金利型は市場の短期金利をコントロールしている日本銀行(日銀)の金融政策によって上下することが多いのです。長期金利はすでに上がり、固定期間選択型に波及している。特に対策が急がれるのは、金利が上がり始めた固定期間選択型と、近い将来、上がる可能性が出てきた変動金利型の住宅ローンを借りている人たちで、現在、貸し出されている住宅ローンの8割は固定期間選択型と変動金利型が占めています。

しかし、借り換えは、基本的には新規の申込みの際と同じように、諸費用がいろいろとかかってきます。 主なものとして具体的には、 1)借り換え前のローンの抵当権抹消費用  2)登録免許税(借り換え後のローンの抵当権設定費用、税額は債権金額の1000分の4) 3)司法書士手数料(通常、設定する債権金額により変動します) 4)ローンの保証料、事務手数料 5)印紙税 6)火災保険料 などがあります。

金額については、ローンの残債や各金融機関ごとによって異なります(借り換えするローンの残高が1,000万円あるとすると約20〜30万円程度かかります)。

借り換え前のローンにおいて、保証料を一括前払い方式で支払っている場合、借り換え時に保証料が返戻されてくることもあります。これについては、金額が大きいこともあるので、ちょっと頭に入れておいてください(上記の諸費用50万円には保証料の返戻分は含まず)。また、借り換え後においても、繰上返済手数料、金利切替手数料、条件変更手数料、証明書発行手数料などが必要になる場合があります。その中でも、資金的に余裕ができたときに行う繰上げ返済では、金融機関によって、繰上返済手数料が「かかる」ところと「かからない」ところがあるので注意が必要です。 また、借り換え後においても、繰上返済手数料、金利切替手数料、条件変更手数料、証明書発行手数料などが必要になる場合があります。その中でも、資金的に余裕ができたときに行う繰上げ返済では、金融機関によって、繰上返済手数料が「かかる」ところと「かからない」ところがあるので注意が必要です。

住宅ローンとは

住宅ローンとは、住宅を購入する資金を調達するためのローンです。住宅を購入するには少なくとも数千万という莫大な資金が必要ですから、その資金を調達するために多くの人が住宅ローンを利用します。住宅ローンの返済も約20年から35年程度と、かなりの長期間に渡ります。

さて、住宅ローンといっても実に様々な種類の住宅ローンがありますが、大きくは公的融資と民間融資に分けられます。住宅金融公庫に代表される公的融資では、物件や利用者による制限はありますが、金利も低く有利な条件となっています。民間融資は、物件に対する規制や利用者の収入基準が公的融資よりも緩やかで、利用しやすくなっています。

住宅ローンの返済額や返済期間に大きな影響を及ぼすのが金利です。住宅ローンの金利には、固定金利、変動金利、固定金利選択型変動金利、段階金利などがあります。民間住宅ローンでは当初数年間の金利が低く固定されている固定金利選択型変動金利を採用している場合があり、広告では当初数年間の低い返済額しか記載されていない場合が多いので注意が必要です。

1980年代までは住宅ローンは、貸してくれるだけ目いっぱい借りて、後は「不動産の値上がり」、「給料の上昇」、「インフレによるローン残高の目減り」を待っていれば良かったのですが、1990年代以降では土地も値下がりし、給料も上がらず、インフレもないことから、住宅ローンをきちんと設計することが重要となっています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。